風力、ストレージ、EVが


≪風力、ストレージ、EVが先を争っていますが、より広いグリーン投資が失速しています≫

いくつかの再生可能エネルギー技術は急速な成長を後押ししており、昨年は業界全体の投資の停滞から脱却しています。

2019年のクリーンエネルギーテクノロジーへの資金調達は前年比1%増の2,822億ドルであると報告されたブルームバーグNEFのレポートは、電気自動車、洋上風力発電所、エネルギー貯蔵デバイスが最大の利益を享受することを示唆しています

政府が温室効果ガスの排出を抑制し、投資家がグリーン産業での機会の拡大に警戒するようになるにつれて、その成長はおそらくクリーンエネルギー容量へのより高い投資を促進するでしょう。以下は、BNEFアナリストが2020年以降に期待する予測の一部です。

風力発電は、地上での設置が昨年69ギガワットに25%増加したことにより、新境地を開く可能性があります。米国、中国、スウェーデン、ノルウェー、スペインでのタービンの増加は、オフショア開発のわずかな低下を補います。BNEFの風力アナリストであるTom Harries氏は、これにより投資が増加するはずだと述べました。

50億ドルのストレージ
サンフランシスコのBNEFのLogan Goldie-Scot氏によると、再生可能エネルギーのコストが下がり、設置が促進されており、今年もエネルギー貯蔵ビジネスを後押しします。今年、50億ドル以上の再生可能エネルギーと貯蔵の取引が発表されると研究者は述べた。特に米国は、政府の好意的な政策のおかげで、貯蔵システムを取り付けたソーラーユニットをリードしています。ヨーロッパは歴史的にこれらの組み合わせに遅れをとっていましたが、BNEFは取引の数と規模が今後12か月で増加すると予想しています。

ガス洪水
世界の液化天然ガス市場の過剰供給は、2019年に蓄積した過剰供給量よりもやや少ないとはいえ、2020年まで続くでしょう。世界の輸入は昨年13%増加し、最もクリーンな化石の需要に年間4,000万トンを追加しました燃料。その供給の大半はヨーロッパで終わり、多くの国で加熱に最適な燃料はガスです。LNGの輸入は2020年に2,000万トン拡大し、ヨーロッパとアジアが最大のシェアを占めると、BNEFの燃料に関する主席アナリストであるMaggie Kuang氏は述べています。

電気自動車が1,000万台に到達

BNEFの先進輸送部門の責任者であるColin McKerracher氏によると、来年のこの時点までに、わずか5年前の100万台から、1000万台の電気自動車が世界の道路を走行します。年々の成長率は20%に達し、中国は依然として売上を支配しますが、ヨーロッパはギャップを埋めます。政府のインセンティブが終了すると、一部の市場では成長が鈍化する兆候があります。今年、収縮しやすいのは内燃機関市場だ、とBNEFは言う。

(bloomberg 引用)

ヨーロッパは歴史的にこれらの組み合わせに遅れをとっていましたが、BNEFは取引の数と規模が今後12か月で増加すると予想しています。
どこまで具体的な予想がされているでしょうか。


雅投資顧問はこちら