11月に小売売上高が


≪11月に小売売上高が急落≫

11月の小売売上高は、Brexitに対する不確実性と12月の選挙に先立って、買い物客が支出をしっかりと把握しているため減少しました。

11月の月間小売売上高は0.6%減少し、増加は4か月連続しなかった、と国家統計局は述べた。

ONSの統計学者であるRhian Murphy氏は、次のように述べています。

データには、ブラックフライデーの売上は含まれません。

ブラックフライデーは、11月23日に終了したその月のONSレポート期間外で、今年11月29日に下落しました。
ただし、ONSは、前年比の分析を計算する際に、ブラックフライデーの割引がカレンダーのどこに落ちるかを調整したと述べました。

この数字は、11月まで1%の成長を示しており、エコノミストが予測した2.1%のレートよりも結構低かったです。2018年4月以来の最も低い年間成長率でした。

コンサルティングキャピタルエコノミクスの英国エコノミスト、トーマス・ピューは、「額面では、11月の小売売上高のさらなる減少はかなり懸念されています」と述べています。

ブラックフライデーがONSの計算よりも大きな影響を与えたとしても、彼はこれが「小売業者にとって非常にメリークリスマスではない」と予測しました。

厳しい年
数字は、今年のブラックフライデーは、そうでなければ暗い小売環境で非常に明るいスポットだったことを示しています。

英国で消費された£3のほぼ1ポンドを処理するBarclaycardは、11月25日から12月2日までの12月の初めに、販売量は2018年と比較して7.1%増加したが、売上高は16.5%増加したと述べた。

ですが、会計士PwCによると、最初の6ヶ月で純1,234店舗が英国のトップ500ハイストリートから消え英国の小売業界にとって今年は厳しい年でありました。

先週のボリス・ジョンソン首相の抜本的な選挙勝利は、1月31日の破壊的なノーディール・ブレグジットのリスクをほぼ完全に排除し、英国経済にかかっている不確実性の一部を取り除いた。

クリスマス前のショッピング割引は「50%に達する可能性があります」
契約なしのBrexitはテーブルに戻ってきましたか?
英国の失業率は1975年以来最低レベルに低下
一部のエコノミストは、近い将来、ジョンソン氏の選挙での勝利は消費者支出と経済にとって良いはずだと述べた。

コンサルタント会社のオリバー・ワイマンのパートナーであるダンカン・ブリューワーは、「保守的な多数派の一般的な陶酔感とポンドの為替レートの改善は、クリスマスと新年の支出を増やす可能性がある」と述べた。

しかし、ブリューワー氏は、この消費支出の増加は「おそらく短命に過ぎない」と付け加えた。

「一時的な政治的安定と低失業率にもかかわらず、来年中に少なくとも2つの有名な英国の小売業者が破綻し、全体的な低迷した支出の組み合わせにより10万人の雇用がセクター全体で削減されると予想しています、コスト削減と自動化の強化」と彼は言いました。

パンテオンマクロ経済学の英国チーフエコノミストであるサミュエルトムズは、インフレは「今後9か月間で約1.5%上昇する一方、選挙後の企業信頼の回復は雇用のより強い成長につながる」と述べた。

「使い捨て所得はまた、最近の住宅ローン金利の急激な低下と4月の国民保険拠出の基準の大幅な増加によって後押しされるでしょう」とトムズ氏は付け加えました。
(bbc 引用)



ダンカン・ブリューワー氏は「クリスマスと新年の支出を増やす可能性がある」と言っていますが私も増加している消費支出はそこまで長くはないと思います。


雅投資顧問はこちら