電気自動車株が急上昇する中

≪電気自動車株が急上昇する中、補助金削減で中国が落ち着きを示した≫

ウォーレンバフェットやテスラが支援するビーワイディーを含む電気自動車メーカーのシェアは、政府が今年同じペースで業界への補助金を削減し続けることはないと合図し、急上昇しました。

産業および情報技術担当大臣のミャオ・ウェイ氏は、土曜日に北京で聴衆に、その日昨年のあったように、EV購入補助金は7月1日に削減されないだろうと語った。テスラは、顧客に地元で製造された車を提供し始めました。そのテスラは、株価が初めて500ドルを超えました。中国に対する楽観論と強気のアナリストの報告が相まった結果でした。

「今年の7月1日にはこれ以上の削減はありません。なので安心してください。」とミャオ氏は業界フォーラムでのスピーチで述べました。大手自動車メーカーの代表者を含む聴衆は、彼の声明を称賛しました。

大臣は後にミャオ氏のコメントを明確にしましたが、業界と投資家は、EVメーカーは昨年の補助金削減に見舞われたから 朗報だと解釈した。政府が7月に配布物を縮小したため、中国では新エネルギー車の販売が6か月連続で減少しました。

電動スライド
中国での電気自動車の販売は、12月に6か月連続で減少しました。

彼の演説の数時間後、大臣の修正された声明が中国国立ラジオで放映され、フォーラムの主催者はそれらのコメントを参照するよう記者に求めた。

「市場の期待を安定させ、業界の持続的な発展を確保するために、新エネルギー車への補助金は今年比較的安定したままであり、大幅に縮小されることはない」とラジオ局は述べた。

BYDと競合他社のBAIC BluePark New Energy Technology Co.の株式は、それぞれ1日の取引限度額である深センと上海でそれぞれ急騰しました。

テスラは、ニューヨークでの定期的な取引の開始後すぐに5.3%も上昇し、503.49ドルになりました。Oppenheimer&Co.のアナリストは、価格目標を612ドルに引き上げました。

米国でも取引されている中国の電気SUVメーカーNIO Inc.は、6%も急騰して3.72ドルになりました。

大臣は、補助金が2021年までに完全になくなるかどうかは言わなかったが、これは政府が以前に述べたことである。中国の政策決定諮問機関の副議長でありEVの先駆者であるワン・ギャングは、自動車メーカーが来年完全に廃止される場合に備えて、今年、規制当局は補助金の変更を控えるべきだとフォーラムに語った。

2009年に業界を促進するためにEVの購入を助成し始めた中国は、自動車メーカーが独自に革新と競争に専念することを奨励するために、過去数年間で徐々に配付を減らしてきました。

— Ying Tianの支援による
(bloomberg 引用)


私も、フォーラムに語った自動車メーカーの完全に廃止される場合に備えて、規制当局は補助金の変更を控えてるのは感じていました。

雅投資顧問はこちら