ソフトバンクグループの四半期利益





≪ソフトバンクグループの四半期利益は、Vision Fundの損失により一掃された≫


東京(ロイター)-日本のソフトバンクグループは水曜日、第3四半期の営業利益は99%減少し、アナリストの予想を大きく下回り、2四半期連続の損失で1,000億ドルのビジョンファンドを引き下げました。


ビジョン基金は、前年同期の1,760億円の利益と比較して、10月から12月に2,225億円の営業損失を計上しました。

ソフトバンクの技術投資のパフォーマンスが悪いのは、最高経営責任者の孫正義氏が、サウジアラビアとアブダビをアンカー投資家とするビジョンファンドの後継者として外部資本を誘致するのに苦労しているためです。

ビジョン基金は、12月末時点で88社に746億ドルを投資しており、それらの投資は年末までに798億ドルの価値があると述べました。

テクノロジー投資家によると、グループ全体の利益は前年同期の4,380億円に対し、26億円に達したと証券取引所に提出した。

この結果は、Refinitivがまとめた3人のアナリストによる推定3,450億円と比較されました。



アナリストは、Vision Fundの内部評価に関する開示が不足しているため、SoftBankのパフォーマンスを評価することは難しいと述べました。

息子の投資資格は、オフィススペース共有会社WeWorkなどの主要な賭けの弱さによりファンドが鞭打たれ、89億ドルの営業損失を記録した8月から9月四半期にヒットしました。

それ以来、ホテル予約プラットフォームOyoからクラウドロボット企業CloudMindsまで、多数のポートフォリオ企業が仕事を削減し、ビジネスモデルの長期的な実行可能性を実証するよう圧力を受けています。

基金自体も主要な従業員を失っています。

水曜日に、ソフトバンクの株式は、米国連邦裁判官がT-Mobile US Incによる子会社Sprint Corpの買収提案に対する独占禁止法の異議申し立てを拒否したというニュースに支えられて、7か月で最高値に急騰しました。

それでも、ソフトバンクは、情報筋が先週ロイターに、米国の活動家ヘッジファンドであるエリオット・マネジメントがハイテクコングロマリットの約30億ドルの株式を保有しており、200億ドルの株式買い戻しを含む変化を推進していると伝えた後、株主価値を高める圧力に直面しています。

ソフトバンクはまた、中国の電子商取引大手である香港の11月のセカンダリー上場に続き、アリババ・グループ・ホールディング・リミテッドへの出資に関連して3,320億円の希薄化益を記録したと語った。
(reuters 引用)



ソフトバンクの技術投資のパフォーマンスが悪いのは、目に見えています。
孫正義氏が、ビジョンファンドの後継者として外部資本を誘致するのに苦労している確認ができています、


雅投資顧問はこちら