ウイルスの懸念としての



≪ウイルスの懸念としてのゴールドポップスは、ヘイブンにグローバルなスタンピードを点火します≫



コロナウイルスの発生が成長を損ない、リスク資産を傷つけ、金融政策を容易にするための圧力に加えて、避難所の強力な世界的狩りを引き起こす可能性があるという懸念から、星は金に整列しました。

地金は、価格が7年ぶりの高値に達したため、6か月以上で最大の週間利益を目指しました。後退の債券利回りと実際の米国の金利がさらにマイナスの領域に沈んでいるため、金で裏付けられた取引所で運用されているファンドは記録的な流入を記録し、これまでで最高の立場にあります。

「コロナウイルスの大流行による影響とその経済的影響に関連する多くの点で、市場はますます金にポジティブなマクロ背景を準備しています」とRBC Capital Marketsはメモで述べました。



従来の避難所は、ドルが同時に上昇したにもかかわらず、リスクオフ感情の高まりで今年7%以上回復しました。米国国債市場は木曜日の購入を急ぎ、利下げに賭けた。オーストラリア連邦銀行は、ウイルスが世界経済を脅かすため、連邦準備制度が下半期に2回緩和すると予想している。


CBAのアナリストであるVivek Dhar氏は、「安全な避難所の需要は、コロナウイルスに関連する世界的な成長への懸念によって推進されています」と述べています。「しかし、安全な避難所の需要は一時的に金価格を押し上げるだけであることが歴史からわかっています。長期にわたる金価格の最も支配的な要因は、長期的な米国の実質利回りと金価格の負の関係です。」

スポットゴールドは0.8%上昇して1オンスあたり1,632.67ドルで、2013年2月以来の最高値で、ロンドンの午前7時6分に1,631.63ドルでした。今週の価格は3%上昇しており、8月9日に終了した週から最も高くなっています。

ETFホールディングス
金地金に裏打ちされたETFの持ち株は、木曜日から22日連続で流入し、史上最長となりました。ブルームバーグがまとめたデータによると、総量は2,610.95トンでした。

シンガポールのIG Asia Pteの市場ストラテジストであるJingyi Panは、次のように述べています。「価格が1,600ドルのレベルを超えて上昇し、USDの強さがあってもそこにとどまったという事実は、しばらくの間上昇する可能性が高いことも示しています。」

他の主要な貴金属の中で、銀は8月以来の最大の週次上昇に向かい、プラチナも上昇しました。パラジウムは、世界的な赤字拡大への懸念に支えられて、水曜日に1オンスあたり2,849.61ドルを記録した後、今週10%上昇した。

強い需要と制約の供給がされます深めるオーストラリア&ニュージーランド・バンキング・グループ(株)によると、高価格を維持、今年130万オンスのパラジウム市場での赤字を
(bloomberg 引用)



RBC Capital Marketsがメモで述べてた
「コロナウイルスの大流行による影響とその経済的影響に関連する多くの点で、市場はますます金にポジティブなマクロ背景を準備しています」
と投資家には悪影響が響いてます。


雅投資顧問はこちら